2014年12月11日

アナログゲームの用語に思うこと その2「ラウンド」

 ちょっと風邪を引いてしまいました。持病持ちなので体調管理はとても気を使っているつもりだったのですが、これだけ急に寒くなるとだめですね。薬飲んで大人しくしてます。

 さてボードゲームやカードゲームで使われる用語に考察を加えるという、非常におこがましい記事の2回目です。今回は「ラウンド」という用語を取り上げてみます。


2.ラウンド

 アナログゲームにおける「ラウンド」は、ゲームを構成する一つの単位です。「ラウンド」という概念があるゲームとないゲームの両方があり、「ラウンド」という概念がそのゲームに存在する場合、マニュアルには「このゲームは3回ラウンドを繰り返すことで終了します」とか、「次のラウンドのスタートプレイヤーは○○の条件を満たした人になります」といった記述がされていることでしょう。では「ラウンド」という言葉はどの様に定義されているのでしょうか。

 まず「ラウンド」とはどういう意味か、ここから考えてみたいと思います。”round”という英単語を辞書で調べてみると、「一周する、ひと回りする」という訳が見つかります。この訳を採用して、テーブルゲームにおける「ラウンド」を、ひとまず「各プレイヤーの手番が一巡すること」と理解しておくことにしましょう。
(「手番」や「ターン」という用語については、回を改めて考察することにします)

 では「一巡する」とはどういうことでしょうか。一巡するということは、最初があって終わりがあるはずです。つまりそのラウンドにおける1番手のプレイヤー(以下、「スタートプレイヤー」と呼ぶことにします)が存在し、各プレイヤーが自分の「手番」を行うことによって「ラウンド」が終了することになります。

 ここで重要なのは、「ラウンド」という概念をゲームに持ち込む場合は、必ずそのラウンドの「スタートプレイヤー」を存在させなければならない、ということです。ゲーム全体にわたってスタートプレイヤーが同一の場合もあるでしょうし、「アグリコラ」の様に何らかのルールによってスタートプレイヤーが変動する場合もあり得ます。

 言い換えると、「各ラウンドにおけるスタートプレイヤー」を定義する必要のないゲームである場合は、「ラウンド」という概念を持ち込む必要がない、ということになります。
 例えば「カルカソンヌ」の場合、ゲームは各プレイヤーが「タイルをめくり配置する、必要によってはミープルを配置する」という「手番」を順に行うことでゲームが進行していきますが、手番が一巡することを特に「ラウンド」として認識する必要がないのは、そのラウンドのスタートプレイヤーが誰であるかは特に意味のないことだからです。これはゲームの終了条件にも密接に関わっていて、カルカソンヌの「最後のタイルがめくられ配置されたら」ゲームが終了するような場合は、ラウンドを意識する必要はない、ということになります。

 以上のことから、ゲーム内で「ラウンド」を定義する必要のある場合をまとめてみたいと思います。

 ・ゲームの終了条件が、ラウンドの回数となっている場合
 ・ラウンド毎に、そのラウンドのスタートプレイヤーが変動する場合

 毎回スタートプレイヤーが同一な場合は必ず「一巡すること」は発生するので「ラウンド」は存在するのですが、ゲームの終了条件が「ラウンドの回数」でない限り、特に「ラウンド」という単位を意識する必要はないでしょう。

 もう一つ気をつけておきたいのは、本稿の当初から「一巡」と言ってきましたが、「ラウンド」は必ずしも「一人一回」プレイするとは限らないということです。一人のプレイヤーが1ラウンド内に数回手番を行う場合も珍しくなく、「アグリコラ」の様なワーカープレイスメントゲームにおいてはよくあることです。こうした場合、「ラウンド」の意味をマニュアル上でしっかり定義しておくことが必要です。ちなみにアグリコラでは「そのラウンドのスタートプレイヤーから時計回りに家族コマを配置し、すべてのプレイヤーが家族コマをおいたらそのラウンドが終了する」ということになっています。

 次回は「ターン」(手番)について考察してみたいと思っています。

 それでは。
posted by うぃりあむ(Twitter:@william_vets) at 23:09| Comment(0) | ボードゲーム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください