2014年12月10日

アナログゲーム用語に思うこと その1

 この記事はBoard Game Design Advent Calenderの記事として書かれたものではありませんので悪しからず(笑)。

 アドベントカレンダー、みなさん凄いですね。私もほんのちょっとだけ物を書いて日銭を稼いでいた時期があったもので、人の書いた文章、ましてやボードゲームにまつわる文章には多少なりとも興味があるのですが、みなさん魅力的な文章を書かれてて感心させられます。

 さて今回はヴァリアントではなく、ボードゲームのルール上登場してくる用語について、いくつか書いてみようと思います。
 今日の日中ツィッターで、Podcast「タコラジ︎」やカードゲーム「KAMIZA」のデザインなどでおなじみのナヴェさんが「ターン、フェイズ、ラウンドの違いと定義についてまとめられているサイトとかあったら教えていただきたいです」と呟かれたことに端を発し、私を含め、いろんな意見が飛び交いました。
 私も常々「わかりやすいボードゲームマニュアルとはかくあるべき」という命題でいろいろ思いを巡らせることが多いので、ちょっと頭の中の整理を兼ねてまとめてみたいと思います。
 前置きが長くなりました。今回は以下の用語について、自分の考えを書いてみます。

・ゲーム、セット、ディール
・ラウンド
・ターン
・フェイズ

1.ゲーム、セット、ディール
 ボードゲームを始め、いわゆるアナログゲームは、ごく稀な例を除いてなんらかの「終了条件」をもっています。この終了条件が満たされることを「ゲーム」と呼んでいることが多いように思います。「ゲームが終了する」「もう1ゲーム遊ぶ」といった場合、「ゲーム」=「始まりから終了条件を満たすまで」の1単位ということになります。
 ただし、1つの「ゲーム」を複数回遊ぶことで、合計得点や勝利回数を競うとタイプのゲームも存在します。UNOや麻雀、ククなどもそうですね。こうしたゲームは2段階の終了条件を持っているとも言えます。

 ちょっとここでUNOを例に、2段階の終了条件について考えてみたいと思います。
 UNOでは、誰かが手札を無くすと、勝利条件を満たします。家族で遊んでいる場合、ここで1ゲームと数えることが多いようです。しかし負けた子供たちはこれでは納得しないので「もう1ゲームやろう!」ということになります。
UNO国際ルールでは、複数回の「ゲーム」を行い、合計得点が500点を獲得したプレイヤーが試合の勝者となるそうです。つまり500点を獲得したプレーヤーの出現がゲームの終了条件となるわけです。
 つまり、手札がなくなるプレイヤーが現れることを「終了条件1」、500点を獲得したプレイヤーが現れることを「終了条件2」と考えることができると思います。

 麻雀を考えてみましょう。一般的に麻雀の終了条件1は和了(あがる)もしくは流局(誰もあがれずに流れる)、終了条件2は「南4局で子があがること」と言えます。麻雀では「終了条件1」を満たすことを「局」、「終了条件2」を満たす1単位を「半荘(はんちゃん)」と呼んでいます。何が言いたいかというと、「終了条件1」を満たす場合、「ゲーム」という呼び名を使わずに「局」といった別の用語を使うケースが多い、ということです。

 表題に掲げた「セット」は、同様の用法としてはテニスなどでもおなじみの用語です。ボードゲームなどでも「終了条件1」を満たすこと1単位をセットと呼んでいる例も見受けられます。複数のセットを行うことで「終了条件2」が満たされた場合、「ゲーム」が終了することになります。

 また「ディール」という言葉は、トランプやトリックテイキングなどのカードゲームでよく使われます。「ディール」の和訳は「配る」。つまり手札としてのカードが1度配られることが「1ディール」で、ディールの終了=「終了条件1を満たすこと」ということになります。複数のディールを行い、決められたディール回数の終了や得点の達成など終了条件2が満たされたとき、「ゲーム」が終了することになります。

 まとめると、「ゲーム」は終了条件が満たされる1単位。ただし2段階の終了条件がある場合、終了条件2が満たされる1単位が「ゲーム」になり、終了条件1は「セット」や「ディール」といった別の呼び方が存在することが多い、ということになるでしょう。

(続く)
posted by うぃりあむ(Twitter:@william_vets) at 21:20| Comment(0) | ボードゲーム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください