2014年03月21日

第2回「7Wonders(世界の七不思議):ソリティア・ヴァリアント『ソロワンダー』」

こんにちは、うぃりあむです。

ヴァリアントの森の第二回は「7Wonders(世界の七不思議)」を取り上げて見ました。Board Game GeekにAI2人を相手にするソリティアヴァリアントが掲載されていたのですが、私には楽しむ事よりもAIの振る舞いの理解を頭に入れる方が大変、という印象のルールでした。それなら自分で作ってしまおうと考えたのが、ソロプレイ用7Wonder、略して「ソロワンダー」ですw。

概要としては、3人プレイのセットアップを行い、2人のダミープレイヤーを起きます。各世代の最初、プレイヤーはカードを5,4,4,3,2,2,1の7つの山にわけ、各山から1枚づつ手札に加えて行きます。選ばなかった14枚はサイドシャッフルし、7枚ずつダミーに分けます。プレイヤーは1枚ずつプレイし、続いてダミープレイヤーのカードを一定のルールの元プレイしますが、ダミーの得点は計算せず、プレイヤーとの資材やお金のやりとり、戦闘や得点計算の対象としてのみ利用します。

テストで2回プレイしてみましたが、40分程度で終わりますし、建物の連鎖の妙味やここ一番で資材が足らずに勝利点を諦めるといった7Wondersのよさを楽しむことが出来ますので、興味がありましたら遊んで見てください。

それでは。


7Wondersソリティア・ヴァリアント「ソロワンダー」

以下のルールのを除いて、7Wondersの三人プレイ用の標準ルールに従います。

1.準備
・3人プレイ用と同様に世代ごとの山札を用意します。
・人間プレイヤー(以下「プレイヤー」といいます)とダミープレイヤー(以下「ダミー」といいます)の2つ、計3つ分の七不思議ボードを配置します。

2.世代の概要
・世代の最初に山札をシャッフルし、5枚、4枚、4枚、3枚、2枚、2枚、1枚の計7つの山を作ります。
・最初に5枚の山札ととり、1枚選んでプレイヤーの手札とします。選ばなかったカードは横に分けて置きます。これを7つの山すべてについて行います(最後の山は1枚がそのままプレイヤーの手札となります)。
・残ったカードを再びシャッフルし、7枚ずつ裏向きに分けて、各ダミーの手札とします。
・以降、プレイヤーをスタートプレイヤーとして、各世代のカードの裏面に書いてある矢印の順(第1、第3世代は左回り、第2世代は右回り)にプレイします。

3.手札のプレイ(プレイヤー)
・通常のプレイと変わりがありませんが、コインを支払う場合はダミーに支払うのではなく全体のストックに戻します(ダミーの所持コインは無限と考えます)

4.手札のプレイ(ダミー)
・山札の一番上のカードを一枚めくり、そのカードをどうプレイするか、以下の順序で判定します。

ーそのカードが無償(他の建物の効果も含む)で建造出来るならそのカードを建造する
ー自前の資源で七不思議を建造する
ー自前の資源でそのカードを建造する
ー他のプレイヤーから不足している資源を購入してそのカードを建造する
ー他のプレイヤーから不足している資源を購入して七不思議を建造する
ー捨て札にする

・前述の通り、ダミーの所持コインは無限と考えますので、資源を他のプレイヤーから購入するためにコインを支払う場合は、共通のストックから支払います。
・資源を購入する場合、最もコインが安く済む様に支払います(Trading PostやMarketplaceの効果は優先して使用します)。
・他のダミーとプレイヤーのどちらも同じ資源を持っている場合、出来る限りプレイヤーから購入します。

5.得点計算
・軍事交戦の解決は通常通り、ダミープレイヤー間の交戦結果も計算します(「戦略家ギルド」の計算のため)
・得点計算はプレイヤーのみ行います。

6.その他
・通常のプレイと異なり、このヴァリアントでは「手番」の概念が生じます。すでに手番を終了しているプレイヤーやダミーの資源は、後から手番を行うダミーが利用出来る場合があります。
・第6ターンでは、まずプレイヤーが一枚を捨て札にしてからプレイヤーの手番を行い、続いてダミーの手番で7枚目のカードが捨て札とされます(「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」の特殊効果を適用する際に注意が必要です)。
・ダミーが「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」を建造し特殊効果を使用して無償でカードを建造する場合は、青、紫、赤、緑、黄、灰、茶の順に建築します。同じ色のカードが複数あった場合はダミーが有利になる様にプレイヤーが判断してください。

<第1版 2014.03.21、うぃりあむ作>
posted by うぃりあむ(Twitter:@william_vets) at 23:37| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: