2015年10月12日

「モーモートレトレ」1人、2人用ヴァリアント

キングダイズゲームさんの「モーモートレトレ」は3〜5人用のゲームですが、少人数で遊ぶためのヴァリアントを考えてみました。バッティング要素のあるゲームですので本道から外れる気もするのですが、かわいいカード達を3人集まるまで放っておく手はありません。お試しあれ。
----------------------------------
モーモートレトレ 1人、2人用ヴァリアント

<共通ルール>
・3人プレイヤーとして遊びます。1人のときは2人のダミー(AI)プレイヤーを、2人のときは1人のダミープレイヤーを参加させます。

・ラウンドの開始時、ダミープレイヤーにはトレトレカードを配りません。人間プレイヤーが使用するトレトレカードを公開したあと、ダミープレイヤーに指示カードの星の数の枚数分トレトレカードの山札から表向きに配ります。

・ダミープレイヤーのトレトレカードの合計と数字の宣言は次のように計算します。
a)±のカードは全て+として計算します。
(例)ダミープレイヤーのカードが0、2、3、±2だった場合、合計は7になります。
b)トレトレカードの数字を合計しても公開されている牧場マーカーの数字に一致しない場合、1個または2個のUFOチップを「+」の数字として追加します。UFOチップを追加して一致する牧場マーカーが複数ある場合、最も小さな数字の牧場マーカーに一致するようにUFOチップを追加します。
(例)カードの合計が7で公開されている牧場チップが3、6、9、4、8だった場合、そのダミープレイヤーは+1のUFOチップを出し、8を宣言したことになります。
c)トレトレカードの合計が公開されている牧場マーカーの最大の数字を超えている場合、1個または2個のUFOチップを「-」の数字として追加して最大の牧場マーカーの数字にします。2つのUFOチップを使っても最大の牧場マーカーの数字に一致できない場合、そのダミープレイヤーは「ブタ」になります。
(例)カードの合計が12で公開されている牧場チップが3、6、9、5、10だった場合、そのダミープレイヤーは-2のUFOチップを出し、10を宣言したことになります。
(例)カードの合計が12で公開されている牧場チップが3、6、4、8、5だった場合、そのダミープレイヤーは「ブタ」を宣言したことになります。
d)いずれの場合も、ダミープレイヤーのUFOチップは裏にせずに戻します。

・ダミープレイヤーはUFOチップによるボーナス得点を得ません

<1人用ヴァリアント>
・人間プレイヤーがリーダーとなり、ダミープレイヤー1、ダミープレイヤー2の順にリーダーが変わります。通常通り、リーダーが2周したらゲーム終了です。

<2人用ヴァリアント>
・まず人間プレイヤーの間で最初のリーダーを決めます。

・時計回りに3番手のプレイヤーとしてダミープレイヤーがプレイすることとします。

・リーダーが1周して2周目に入ったら、山分けルールでカードを取る順番を反時計回りにします。 リーダーチップは従来通り時計回りに渡します。
----------------------------------

2015.10.13追記
1P用は簡単すぎちゃうと思うので、ダミープレイヤー2人分との合計得点との闘いにすると、ぐっと難易度が上がると思いますw。
posted by うぃりあむ(Twitter:@william_vets) at 17:01| Comment(0) | ボードゲーム | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。